猫を愛してやまないスタッフがキャットフードを厳選!合成添加物不使用のネコメシをまとめました!

キャットフードとドッグフードの違う点って?

大半の家ではペットとして圧倒的に犬かネコを飼っているというケースが目立ちます。
少数派としてウサギや小鳥・ペレット・例外として猿やアライグマなどの野生動物と暮らしているという飼い主さんもいます。
スーパーに行けば市販されているのはやはりドッグフードやキャットフードが圧倒的に多いですね。
そして量的なものも圧倒的にキャットフードの方が大袋で市販されています。

なぜドッグフードとキャットフードが分かれて売られているのか、明らかに量が違うのはなぜかおわかりでしょうか。
両方を飼っている飼い主さんなら説明がいらないでしょう。
犬はごく少量の餌を勢いよく食べますが、ネコは犬の倍以上の餌をちびりちびりと複数に分けて食べています。
野生だった頃からの古い習性が残っているという事もありますし、犬以上に高カロリーな栄養補給をネコは必要としているからです。
かつては犬もネコも肉食でしたから肉からエネルギー補給するという点では共通しているものの、現在犬は雑食となりネコは肉食のままです。
肉食といっても魚類がメインとなります。

犬はグループ行動で生きていた上に余った餌を万が一の場合に備えて備蓄しておく習性があったのに対して、ネコは未だに単独で生きる動物ですから、狩猟も一匹の動物をその場で食べ尽くす事でエネルギーを維持していました。
このことから考えても、キャットフードの方がドッグフードよりも高カロリーであるという事は自然とおわかりでしょう。
嗅覚は犬以上に強烈に鋭いものの視力はけしてよいわけではありません。
自分の体がすり抜けられるスペースがあるかどうかという判断を、目ではなくひげで判断している事からも、ネコの視力の悪さが想像できることでしょう。
その視力を維持するために必要な栄養素として、必須アミノ酸に変化するタウリンやナイアシンといった栄養素も体外から補給しなければならない栄養素です。

これらはドッグフードにはない栄養素です。
高カロリーな分だけ味も濃いめに作られています。
したがってわんちゃんの中にはキャットフードにがぶりつくものも多いですが、愛犬に食べさせるにはカロリーが高すぎるため、そのままにしておくと肥満もしくは糖尿病に陥る危険がありますのでおすすめできません。
その逆も否です。
ドッグフードはネコにはあまりにタンパク味であり栄養失調に陥る危険があるのです。

トップへ戻る