猫を愛してやまないスタッフがキャットフードを厳選!合成添加物不使用のネコメシをまとめました!

セミモイストタイプのキャットフード

1.セミモイストタイプとは

セミモイストタイプのフードは、水分含有量25%~35%で、原料を発泡(膨らませること)させていないだけでなく、乾燥せずに冷却して製造します。
かつては半生状態を維持するために湿潤調整剤のプロピレングリコールが使われていました。
しかし、猫にこの添加物が有害であるということから、現在はセミモイストタイプのキャットフードはほとんど生産されていません。
同じような水分含有量で、発泡させたタイプのものはソフトドライキャットフードと呼ばれ、こちらはプロピレングリコール以外の湿潤調整剤を使って製造販売されています。

2.キャットフードに使って欲しくない添加物が含まれる

セミモイストタイプのキャットフードは、小麦粉やトウモロコシの粉に、肉、魚、鶏肉、肉汁などを混ぜ合わせ加熱して作られます。
クッキー生地のようになった原料を、ドライキャットフードは乾燥させますが、セミモイストタイプは成形し、冷却しただけで製品化します。
水分が多くて噛み心地がソフトなのがセミモイストタイプですから、湿潤調整剤を添加して柔らかさを保たなければいけません。
そのために使用されていたのがプロピレングリコールです。
薄めて使えば毒性は少ないということですが、猫にはよくないという研究結果は出ています。
やはり、キャットフードにそのような危険なものを使って欲しくはありません。
猫自身がフードを選べるわけではないのですから、飼う人がどういった基準でフードを選ぶかが重要になってきます。

3.セミモイストタイプ代わりは手作りで

わざわざセミモイストタイプを与えたいと思うのは、あの独特の食感を猫が好むからでしょう。
危険な添加物の入ったものを選ぶより、お手製で柔らかいお肉を作ってあげてはいかがですか。
手作りのフードなら、パウチ1袋分の値段で十分な量が作れます。
安売りの鳥胸肉かササミで作りましょう。
とても簡単ですから、どなたでも作れます。
胸肉は5ミリほどの厚さで薄切りにします。
ササミでしたら1本を半分にした薄さでいいでしょう。
電子レンジで加熱し、完全に中まで熱をとおします。
その後、オーブンで表面が乾くまでさっと焼きます。
このように作ることで、ただ茹でるより噛み応えがでるので、セミモイストタイプのフードと似たような食感になります。
添加物は一切使用していません。
ただ毎食これだけですと、栄養が偏ります。
猫に必要なタウリンなどが入っている総合栄養食を常食とし、たまに手作りフードをお楽しみおやつで与えてください。

トップへ戻る