猫を愛してやまないスタッフがキャットフードを厳選!合成添加物不使用のネコメシをまとめました!

キャットフードの成分表示の詳しい見方

愛猫を愛おしいと思い家族同様に大事にしている飼い主さんなら、誰でも愛猫には良質なキャットフードを食べさせてあげたいと思うのが自然です。
人間の食材が厳格な安全基準を制定して健康を保護してくれているように、猫の健康も厳格な基準あってしかるべきという考え方に異論を唱える人はいないと信じますが、動物愛護の観点から見ると、まだまだ理想の基準に達しているとは言えないのが現状です。
特に特価製品として市販されているキャットフードの多くは、粗悪素材が使用されています
素人では選別をするのが難しいのも事実です。

飼い猫となった猫は、自己主張する手段を持ち合わせないので、下痢や嘔吐というように体を一度壊してからでないと、気づいてもらいにくいという宿命を負っています。
飼い主が愛猫の目線で良質でおいしいキャットフードを、愛猫のために用意してあげなければならないのです。
でもどうしたらいいのでしょうか。

1つの方法としてキャットフードに印字されている成分表を確認する事が最も確実です。
まず猫に与えてはいけないものを知りましょう。
塩化ナトリウム(塩)・ネギ類・米やコーンまたは麦などの穀類・添加物・マグネシウム・貝類・チョコレート・レーズンやブドウ・アボガド・マカデミアナッツ・キシリトール・ニンニク・するめ・生豚肉・アルコール・カフェイン・食パンなど・キノコ・鰹節・のり・煮干しなどをあげる事ができます。
中には“え!”と思った人も多いのではないでしょうか。
塩分量にも関係しているためオススメできない製品もあるのです。

かつて白いご飯に鰹節をかけたものや残飯をあげていた時代もありましたので、今考えると愛猫の寿命を縮めていた事になります。
猫は魚類が好物とは言っても、何でもかんでもいいわけではなく塩分やマグネシウムの関係上、控えた方がよいものもあるのです。
山猫はさすがに豚を襲って食べるという事はなく、あくまでも小動物を餌としていた事からもわかるように、生豚肉が猫の健康を損なうという事も納得です。
これらの食材を含まないキャットフードなら安全です。
参考にしてください。

トップへ戻る