猫を愛してやまないスタッフがキャットフードを厳選!合成添加物不使用のネコメシをまとめました!

パテタイプのキャットフード

1.パテタイプのフードとは

パテタイプといわれて、すぐには形状が思い浮かばないでしょうか。
ハンバーグを柔らかくして、よりムースに近い感じにしたものがパテです。
ウェットフードの一種で、種類は豊富で完全にムース状になったものから、砕いた肉や魚がほどよく混じっているタイプもあります。
嗜好性はとても高いのですが、値段が高額なのでパテだけで1日のフードをまかなうのには向いていません。
ここでは、そんなパテタイプのフードについて説明します。

2.パテタイプが向いている猫

ではどんな猫の食事に、パテタイプを使用したらいいのでしょうか。

2-1.離乳期の子猫
パテタイプは水分が多く噛まずに食べられるので、歯の生えそろわない子猫に離乳食として与えるのに最適です。
最初はスプーンの先か指先にパテをつけて、舐めさせてみましょう。
嫌がらないようなら、少量をお皿にとって与えます。
また、ミルクからドライフードへ移行する際の繋ぎとしても使用できます。
パテタイプを食べられるようになったら少しずつ量を増やしていきます。
次にふやかしたドライフードに混ぜて与えます。
ドライフードを食べるようになったら、逆にパテを減らしていってドライフードに移行します。

2-2.病後の猫
病気や怪我などで食欲のない猫に、パテタイプのフードは最適です。
薬を飲ませる必要があるなら、フードに混ぜ込んで与えることができます。
錠剤なら砕いて、パテに練り込むようにして与えましょう。
パテはムース状になっているので消化吸収しやすく、消化器系統の弱った猫にも与えられます。
ただし病気の場合は、チーズなどいろいろ混ざっているものよりも、シンプルな原料からできているものを選んだほうがいいようです。

2-3.歯の抜けた高齢猫
歯周病などで歯が抜けてしまった高齢猫にパテは向いています。
ざらついた舌で舐め取るので、噛まずに十分な栄養をとることができます。
高齢猫用に作られたものは、特に消化吸収されやすいようです。
高齢猫はあまり水を飲まなくなるので、ドライフードよりもウェットタイプのフードのほうが向いています。
それでもあまり水を飲まないようなら、パテに少し水を混ぜ、スープのようにして与えてもいいでしょう。

3.成猫にはトッピングとして与える

いつものドライフードに飽きたとき、ドライフードにパテをトッピングすると食いつきがよくなります。
成猫にとって、噛むことはとても大切です。
自然界にいたら、小動物を骨ごと食べるのが猫です。
柔らかいものばかりですと、付着したフードによって歯周病になる可能性があります。
高級な素材を使っているし、贅沢をさせたいと思っても、成猫をパテだけで育てることはあまりよくありません。
ドライフードと併用するようにしましょう。

トップへ戻る