猫を愛してやまないスタッフがキャットフードを厳選!合成添加物不使用のネコメシをまとめました!

猫の下痢が治らないときのキャットフードの与え方

愛猫が下痢をしてしまい、病院へ連れて行ってもなかなか良くならない、というのは飼い主さんにとって悩みの種ですね。
ストレスや病気があるわけでもないのに下痢が続いているのは、猫にとってとても可哀相な状態です。
原因が思い当たらないのに下痢が続いている場合、キャットフードに問題があるかもしれません。
今回は、下痢がなかなか治らない場合のキャットフードの与え方についてご紹介していきたいと思います。

1.猫の下痢の原因

下痢は猫の病気の中でも一番多く見られる症状です。
普段元気そうにしていても、下痢をすることで栄養の吸収が妨げられます。
長く下痢が続くことで体力が奪われ、徐々に衰弱していくので早めに対応する必要があります。
猫が下痢をする主な原因は

・ストレス
・お腹を冷やした
・水分の摂りすぎ

などがありますが、意外にも多いのがキャットフードを原因とする下痢。
中でも、キャットフードに含まれる原材料がアレルゲンとなるアレルギー性の下痢は少なくないのです。
以下の項目で、治らない下痢に対するキャットフードでの対応方法を見ていきましょう。

2.療法食を与える

下痢が続いて病院へ連れて行くと、大抵の場合は「消化器ケア」と書かれている療法食を勧められると思います。
消化器ケアの療法食は「可溶性食物繊維」が含まれているキャットフードで、可溶性食物繊維はお腹の中の善玉菌を増やすのを助けてくれる役割があります。
また、消化器ケアのキャットフードは、消化吸収が非常に良く、消化不良による下痢を改善するはたらきがあるのですよ。
病院で療法食をもらったら、普段食べているキャットフードに少しずつ足していって、猫にストレスがないようにフードの切り替えをしてあげるようにしましょう。

3.サプリメントを与える

こちらも病院でもらえるものですが、整腸作用のあるサプリメントを普段食べている食事に混ぜて与えると効果があります。
人間も飲めるサプリメントなので、猫に与えてもまったく問題ありません。
そのままだとなかなか口にしてくれない場合は、ピルクラッシャーなどで細かく砕いてキャットフードにかけて与えるようにしてみてくださいね。

4.キャットフードを変える

病院でもなかなか原因を突き止めることが出来ないのが、アレルギーによる下痢です。
特に、ドライフードの原材料として使われている穀物はアレルゲンとなる事が多く、下痢だけではなくフケや猫ニキビの原因になる事もあります。
プレミアムキャットフードと呼ばれるキャットフードは、こうしたアレルゲンとなる穀物を一切使用せず、また添加物も使わずに作られている物が多いので、どうしても下痢が治らないという場合はキャットフードを変えてみてはいかがでしょうか?
キャットフードを変えるときはいきなり全量置き換えるのではなく、もとのキャットフードと混ぜながら10日から14日程度かけて徐々に切り替えてあげてくださいね。

5.まとめ

猫の下痢がなかなか治らない時のキャットフードの与え方についてご紹介しました。
療法食、サプリメント、プレミアムキャットフードという3つの点からご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
猫はキャットフードの種類や与え方ひとつで体調が大きく変わるデリケートな動物です。
下痢などの症状が見られたらまずは病院へ連れて行き、自宅ではキャットフードの見直しなどでケアしてあげてくださいね。
今回の内容が、猫の下痢改善に役立つことが出来れば幸いです。

トップへ戻る