猫を愛してやまないスタッフがキャットフードを厳選!合成添加物不使用のネコメシをまとめました!

穀物入りキャットフードは猫の健康にとって最適?

野生動物に関しての話題を取り上げた情報TV番組を見ていると、しばしば山猫が登場してきます。
山猫が小動物を捕獲して内臓を引きずり出し、食べている光景を目にします。
かつて家猫も山猫のような生活をしていたわけです。
山猫がお米や小麦を食べる事はありませんし、ライオンや虎などの他の猫科動物も同様です。
家猫も本来は肉食動物なので小麦やお米を食べる体にはできていません。

ですが空腹を満たすためには何でも食べなければならないので、与えれば食べる猫がほとんどなのは確かです。
その分ウンチが大量に排出されますが、よくよく観察してみると体の割に小粒うんこである場合もありますし、食べたものがそっくりそのまま排出されている事も多いのです。
人間は炭水化物を吸収するために小麦やお米は必須ですが、先述したように大元は肉食ですから体に相当な負担がかかっているのです。
うんこが小粒なのは便秘症を引き起こしいるのかもしれませんし、そのまま排出されているという事は、十分に消化しきれていない証拠です。
激安キャットフードや特価商品としてバーゲンセールされているキャットフードに多い現象です。

おなかのすいた猫は粗悪なキャットフードであってもがっついて食べますが、寿命はしっかり縮んでいると考えて正解です。
繊細な猫は下痢や嘔吐をする事もありますし、特に雄猫は雌よりも尿路がか細く長い作りをしているので、尿路結石という病気で身体的負担をあらわにする事も多いです。
経済的軽減を目指して格安のキャットフードを選んだのに、こうした猫の発病で割高な治療食になってしまったと悔やんでいる飼い主さんたちに考えていただきたい事は、猫を飼うという事は猫の健康管理も併せて責任を持つという事だという事です。
責任を持てないなら安易に猫を家族に迎え入れない方がいいのかもしれませんね。
猫にも炭水化物は必須ですが、穀類ではなく野菜や果物からの摂取を検討してください
それなら猫の体への負担はかなり軽減されますから、大事な家族である猫と末永く幸せに暮らせる事でしょう。

トップへ戻る