猫を愛してやまないスタッフがキャットフードを厳選!合成添加物不使用のネコメシをまとめました!

キャットフードの代わりにドッグフードを与えても良いか

「猫も犬も同じペットだから、キャットフードの代わりにドッグフードを与えてもいいかも?」と思っている方いませんか?
今回は、キャットフードの代わりにドッグフードを与えても良いか?というテーマで、キャットフードとドッグフードの違いをご紹介していきたいと思います。

1.ドッグフードを猫に与えても良いか?

結論から言うと、ドッグフードを猫に与えてはいけません。
犬と猫とでは必須栄養素がまったく異なりますので、犬用のフードを与え続ける事は猫にとって病気を引き起こす要因となります。
犬と猫を両方飼っている家の場合、猫がついドッグフードを食べてしまう事もあるかも知れませんが、極力食べさせないようにしましょう。
味を覚えてしまってドッグフードを食べる習慣がつくと、知らず知らずのうちに栄養失調状態となり、様々な身体の異変に繋がってしまいます。
もし、猫がドッグフードを食べるようになってしまったら、匂いの強いウェットフードなどを与えて、なるべく早く、再びキャットフードを食べるように導いてあげてくださいね。
また、日頃からキャットフードとドッグフードの保管場所を分けるなど、猫が誤食しないように気をつけるのも良いと思います。

2.キャットフードとドッグフードの違い

2-1.犬と猫の違い
まず、犬は雑食のため穀物や野菜、果物なども食べますが、猫は完全肉食動物。
また、犬はタウリンを自分の体内で生成できるほか、野菜を必要な栄養素に変換出来るのに対して、猫はタウリンを自分では生成できず、野菜を栄養素に変換することはできません。
例えば、にんじんを食べた場合、犬はβカロテンをビタミンAに変換出来るのに対して、猫は変換することができないのです。

2-2.キャットフードとドッグフードは異なる食べ物
こうした身体の違いがあるため、キャットフードとドッグフードではそれぞれ配合されている栄養素や原材料がまったく異なります。
キャットフードは猫が身体の中で作り出せない成分を配合しているのに対して、ドッグフードにはそれらが配合されていないのです。
特に大切なのは、猫にとって必須栄養素と言われるタウリン。
タウリンは、不足すると、失明や心筋症にかかってしまう恐れもある大変重要な栄養素です。
また、猫は犬よりも必要とされる栄養が多いため、キャットフードはドッグフードと比べて高タンパク、高カロリー、高脂肪になるよう作られています。

このように、キャットフードとドッグフードは、「肉と野菜」くらい異なる食べ物なのです。

3.まとめ

猫には猫の、犬には犬の、最適なフードがあります。
キャットフードを切らしてしまったから…、猫が好んで食べるから…など、様々な理由はあるかもしれませんが、猫は犬と体質がまったく異なるため、必ずキャットフードだけを与えるようにしてくださいね。
キャットフードとドッグフードの栄養素や原材料を見比べて、違いを目で確かめてみるのも良いかも知れません。
猫に最適なキャットフードを与えて、長く健康な生活が送れると良いですね。

トップへ戻る